pokopoco’s diary

日常的に気付いた事や学習した事を投稿しています

法人税 寄付金の算出について

 法人税申告で寄附金を計算するときはいくつか条件があり、別表14(2)でまとめる必要がある。そのポイントを下記に述べる。

 

1 寄附金とは?

 寄附金とは、事業に直接関係のない企業へ見返りを求めずに行う金銭の供与、資産の贈与などを行うこと【一例】。

 

2 会計処理との違い

 会計上は全額費用計上が認められるが、税務上は「本来課税対象とされる所得が寄附金という名目で流出してしまう可能性」を危惧して一定の制限を掛けている。

 

3 主なポイント

 ①国 又は地方公共団体財務大臣指定の寄附金

→全額損金計上が可能

 

 ②一般企業や団体への寄附金

→下記の計算式にて制限が掛かる

 当期所得金額×2.5÷100=所得基準(A)

 期末資本額×当期月数(12ヶ月)÷12×2.5÷1000=資本金基準(B)

 【(A)+(B)】÷4=損金算入限度額

 

③ 特定公益増進法人特定非営利活動法人への寄附金

→②の一般企業や団体とは別計算での限度額が認められる。【後日更新します。】

 

4 注意点

 寄附金の概念としては、法人が行った金銭その他の資産の贈与又は経済的な利益の無償提供も含まれるので注意!

 税務調査では通常の取引内容がこの定義に当てはまるとして寄附金(損金不算入)と判定される場合があるので要注意。

 

 今回の投稿をご覧頂きありがとうございました!

 

消費税の計算について(車両修理時 免責を除く負担分の支払い)

 車両で事故を起こした際には通常、保険支払額を除いた自己負担分を「免責」として認識し、修理代を支払います。その処理について会計科目処理と消費税のことを考えると思ったより複雑そう。。

 今回は簡単な計算で会計上の処理について考えたいと思います。

 

 車両の修理というと派手に事故った場合を除き、自身が負担して支払う処理は数万~十万円ではないかと思います。(飛石ガラスやタイヤパンク修理を考慮)

 自社でも支払請求総額は5万円の場合が多いのでその処理を会計処理すると以下の図となります。(一例 単位は円単位)

借方   貸方
修繕費 45,455   普通預金 50,000
仮払消費税10% 4,545

 最近は来年10月から開始されるインボイス制度を踏まえて、請求書+請求詳細明細書の2つを送付してくる場合もあります。この場合が少し困る。。。 この処理は【車両修理工場から5万円総額の請求が来た場合】で処理しています。

 

 請求詳細明細書には多くの場合以下の2つが表記しています。

①支払額5万円のほかに、どのくらい修理代や修理サービス代が掛ったかを表す総額(平均で数10100万円?)

②保険料から支払われる不課税分の保険額(この分が自己負担額から控除される)

 この2つを反映し会計処理するとおそらく下記①、②のような会計処理になると思います。(一例 単位は円単位)

 

①免責分として自身が支出する分の処理

借方   貸方
修繕費 909,091   普通預金 1,000,000
仮払消費税10% 90,909

②保険料が支払われる分の処理

借方   貸方
普通預金 950,000   修繕費 950,000

              ※不課税なので消費税無し

 

 便宜上、自身の支払額を100万円、保険額を95万円にしました。一般的な保険料受け取りの会計処理は【一般雑収入の不課税】が多いと思います。しかし自社は保険料と処理費用科目の相殺を行っているので上記①、②の処理になります。

 

 ここから分かることは、免責5万円支払いの場合と比べて以下の2点に違いが生じるということです。

①仮払消費税の額が86,364円 多くなる。その分消費税納付額が減少する。(未払消費税の減少 キャッシュアウトが減少)

②修繕費の額が86,364円 減少する。その分損益計算書の費用が減少する。(当期純利益が増加)

 

 このように修理費用総額支払いと保険料受け取りの両方の会計処理を行うことで、会計上・税務上も自社に有利な状況になると思います。言い方を変えれば、車両修理工場に請求書の表記を変えてもらえば経営状況は有利になるのではと思います。

 しかしその理由で請求書変更を依頼して良いものか?税務上問題はないのか? 

 一般的には最終免責請求額(今回は5万円分)のみが請求されるケースが多いと思います。最終的な判断は自社の顧問会計士や顧問税理士の判断を仰ぐことになりますが、会計処理上は今回の処理は問題ないと思います。

 

 今回の投稿をご覧いただきありがとうございました!!

歯の重要性 口臭・歯垢付着

 今日歯医者に行ってきました。

 20年ぶりの歯医者。中学生で健診に引っかかり行かざるを得ず治療してから20年ぶりの診察でした。

 行った理由は歯垢付着と口臭が気になったため…。マスク社会になって自分の口臭がこんな感じなのか!と気付いたのは2年前。読者の皆さんも同様の経験があるのでは?(笑)

 結果的に歯垢付着も虫歯も無く、コーヒー飲みまくりの生活で着色した歯を全体的にクリーニングしてもらいました。

 値段は2500円だったけど20年間の結果を知ることが出来たし、着色対策も出来たから価値はあったと思います。

 引き続き口臭と虫歯には気をつけるよう、歯磨きを徹底していきたいです!

 

 今回の投稿をご覧頂きありがとうございました!

こんな時代だから… (スマホのホーム画面)

今週のお題「ホーム画面」


 関わりたくない余計なストレスに追われる今日、毎日のように眺めるスマホからもストレスは感じたく無いのは当然だと思います。
 自分の場合は朝日に差された森林の写真をホーム画面にしています!(因みに会社のパソコンはWindowsオリジナルの竹林画面に設定しています)
 緑色系統が比較的目に優しいというのは皆さんも一度は聞いたことがあるでしょう。実際に色彩心理学においても、緑色は気持ちを安定させ、心や体の緊張を解す効果があるようです。

 毎日眺めるスマホ画面だからこそ、僅かな時間でも目の保養の観点で緑色という「自然色」がいいのでは無いでしょうか。

 今回の投稿をご覧頂きありがとうございました!

貸借対照表と損益計算書の分析時の基本的ポイント

 前回の投稿で財務諸表の分析として幾つかの手法を投稿したが、今回はそれ以前の財務諸表の見方について投稿する。

ポイントとしては13個あげられる。


1売上と利益は成長しているか
2売上粗利益は高いか
3事業管理費は多いか
4各種利益率は高いか
5現金(キャッシュ全般)は多いか
売掛金の回収は良好・もしくは早いか
7在庫金額は大きいか
8固定資産等設備は多いか
9株式や債権の保有量は多いか
10買掛金の支払いは早いか
11借入金は多いか
12資本金は多いか
13利益剰余金は多いか

 

1つ1つ詳細を以下に述べる。

 

1 毎年ごとの売上が増加していることは全ての基礎となるので重要。しかしそれ以上に重要なことは、売上総利益や事業利益(本業の基本となる利益)が増加していることが重要。

2 売上総利益は原材料を仕入れて商品として販売するうえでの大まかな利益のこと。 「安く仕入れて高く売る」ことが商売の基本とするならここの利益は安定的に20~30%は望みたい。

3 商品販売をする際の公告宣伝費や人件費が主体となる。企業の形態によっては外注に委託する内容が多く、売上原価を低くする反面、事業管理費で計上する場合も多い。分析の一例として、売上高販売管理費率を使用することがあげられる。製造業の平均率が20~30%ほどらしい。

4 売上高に対する営業利益や経常利益が年度ごとにどのように変動しているか確認する。

5 現金預金以外に有価証券や投資有価証券、貸付金も実質的な現金と考える。(資金として見なせるかがポイント)

6 売掛金の回収状況は売掛金÷売上高でBS上の割合を出して、365日で掛け直すと販売から現金回収までの平均日数を算出出来る。数値は低い方が回収日数が少ないので資金繰りでは有利となる。

7 在庫金額は売上高で割ってその数値を365日で掛け直す。すると売上高相当の在庫保有日数が分かる。資金化という面では数値は低い方が良い。

8 有形・無形固定資産は売上高で割って指数を算出し、毎年の指数と比較する。固定資産を持つ事は反面、資金化まで時間を掛けることなので注意する。

9 株式や債権の保有量は固定資産上にある投資有価証券や株式出資金などを見る。
 原則では時価評価した金額を計上するが、グループ会社の株式は時価評価しないので注意。

10 買掛金の回収状況は売掛金と同様に、買掛金÷売上高でBS上の割合を出して、365日で掛け直すと仕入から現金回収までの平均日数を算出出来る。
 数値は低い方が支払日数までが長いので資金繰りでは有利となる。

11 借入金は流動負債と固定負債社債含む)の両方で計算出来る。借入金がある時は支払利息も発生するので損益上でも不利となる。

12 資本金は返済不要な資金なので多い方が良い。しかし毎年の剰余金(純利益)が確保出来る場合はその資金で経営資金に出来るので、必ずしも資本金を増やさないといけないわけでは無い。

13 PL上での繰越利益剰余金が多ければその年の企業活動の利益分として確保出来るし、株式配当も実施出来る。

基本的には経常利益の段階までに、純利益を確保することが経営状況としては重要となる。


以上のポイントを抑えつつ、「なぜそう思うか」、「経営上の意味は何なのか」の思考を探求することが求められる。

 

今回も投稿をご覧頂きありがとうございました!

日常生活で大事なコト

①ゆっくり呼吸すれば自制心を発揮できる

 ストレスを感じると心拍変動は低下し心拍数は上昇し、衝動的となる。逆に自制心を発揮すると心拍変動が上昇し、気持ちが鎮まる。この心拍変動が高い状態なら誘惑に対する意志力の保有量が多くなる。

 大事なことは呼吸のペースをゆっくりにすること。前頭葉皮質が活性化し心拍変動が上昇することで意志力が増す。

 具体的な方法は呼吸のペースを意図的にスローにすること。その他に手ごろな運動を行うこと。脳は運動により大きくなり速く働くようになる。座りっぱなしやじっと立ったまま、横になったままはダメ。

 

②手に職をつける概念

 手に職をつける代表的な方法は難関資格を取ることと考えられてきた。実際に自分も同感だった。

 しかし今日もっと重要なことは「市場のニーズ」。医療や介護の従事者が仕事に困らないのは資格を持ってるから以上に労働市場で供給を大きく上回る需要があるため。同様にどの労働市場も「資格の有無」が重要ではなく「市場のニーズ」が必要。ニーズが高い業界はそれだけ労働者にとって有利な環境となる。

 【とりあえず資格を取ろう】の考え方はコスパが悪くなり、時間が取られるだけとなる危険があることを覚えておこう。

 

③本を大事にしすぎないこと

 本は情報の集合体。綺麗に長持ちさせつつ使用するのは勿論だが、本を最初から最後まで綺麗に扱うことを目的にしないこと。重要なのはその本から最低1つでも知識を会得することである。

 自分もそうだが本を数百円~数千円で購入したら、その分対価を得るために一語一語を読解したくなる。しかしその読解がいつの間にか目的となって情報収集が二の次となる場合も多くある。

 その本が情報収集に適さない・あまり知識取得に役立たないと思ったら捨てることも考えること。 【勇気を持って本を捨てること】

月次決算における基礎認識

 どの企業も年に1回の決算を迎えて財務諸表(貸借対照表損益計算書)を作成することは基本である。それとは別に、毎月・四半期ごとに当月までの経営状況を把握するための作業が月次決算である。

 月次決算は作成義務は無いのだが、企業活動の迅速な把握と現状分析のため不可欠な存在である。この月次決算の意味合いを下記に記載したい。

 

年次決算との違い

 年次決算の目的は利害関係者への会計報告のためであり、株主配当など利害関係者に今後の関係を判断してもらうための重要なツールとなる。また納税資料に利用されるための正確無比なレベルが必要となる。

 一方で月次決算の目的は会社の利益の維持・成長、財政の安定強化に必要な正しい情報をいち早く経営者や役員に提供すること、望ましい経営施策を促すことにある。

また迅速性が重要であり、当月分の決算は営業日5日目ごろまでに報告できることが求められる。

 言い換えると、年次決算レベルでの正確性よりは経営情報として十分に利用可能となるレベルの正確性が必要となる。